introduction

鹿児島市街からフェリーと車で約2時間。南大隅町は、大隅半島の先端にある景勝地です。本土最南端の佐多岬をはじめ、雄川の滝といった全国にもその大自然の中で約8,000人の人が暮らす静かなまち。

この小さな町に、一昨年、観光協会が設立されました。中心になったのは、2人の地域おこし協力隊。役場の協力を受けながら、小さな一歩を踏み出した2人は、町のいろんな仲間を巻き込みながら活動を続けてきました。

今回は南大隅町の地域おこし協力隊として、観光協会の取組を情報発信や企画づくりの面で推進する新たな仲間を募集します。

この会社にエントリー 気になる 「気になる」からは、この会社へのお問合せができます。

南大隅町役場(地域おこし協力隊/受入先:南大隅町観光協会)

南大隅町全域

この会社の雰囲気

まちの観光をイチからつくる

鹿児島空港から車で2時間。錦江湾(鹿児島湾)をまたいで鹿児島市と反対側に位置する大隅半島の南端に南大隅町はあります。どこまでも広がる東シナ海の絶景の自然美があり、本土最南端の佐多岬や、いまや全国から観光客が訪れるようになった雄川の滝などの観光素材があふれた町です。

産業としては、第1次産業従事者が多く、マンゴーやライチなどのフルーツ栽培や、農業、漁業、畜産業が盛んです。一方で、高齢化率は45%と鹿児島県内でもトップの水準ですが、高齢者にやさしいまちづくりを推進しています。

s-諏訪神社

(↑観光名所のひとつである「諏訪神社」)

第1次産業中心の町にとって、雄川の滝をはじめとする観光客への対応は、長年の課題でした。そこで、2014年に町役場が中心となって観光協会設立の機運が高まります。せっかく南大隅町を訪れてくれた観光のお客様をもっとあたたかくおもてなししたい!そして、もっともっと多くの方に南大隅町を訪れてほしい!そういった思いから、2015年の4月、ついに南大隅町観光協会が設立されます。

この動きを中心となって進めたのが、南大隅町役場 企画観光課の皆さん。特に、課長の竹野さんと、2014年に着任した地域おこし協力隊の2人でした。それまで観光協会のなかった土地に、観光を推進する組織をつくる。この取組は、まさに地域の人を巻き込むプロセスそのものでした。町外から着任した二人の協力隊員は、町で熱い思いを持つ仲間を少しずつ巻き込みながら、観光でまちを盛り上げる道筋を描いてきました。

今回は、この2名の地域おこし協力隊の後任隊員を募集しています。

先輩協力隊員のお二人にお話をきいてみました①【関根さんの場合】

埼玉県出身の関根大吾さんは、大学を卒業してすぐに南大隅町の地域おこし協力隊に着任されました。そんな関根さんへのインタビューです。

sekine

(↑先輩協力隊員 関根 大吾さん)

Q地域おこし協力隊になろうと思ったきっかけを教えてください

関根:大学では観光学を専攻し、観光に関わる仕事をしたいと思って探していたときに、南大隅町が観光推進の担い手を探している求人記事を見つけました。面接で初めて訪れた南大隅町を見て、今までの生活環境と180度違う暮らしにおどろきましたが、すぐにこの町のことを好きになりました。

そのころ、私は車を持っていなかったので、まずは車が無いと暮らせないというところにショックをうけました。仕事で使う車は役場が用意してくれていたのですが、プライベートでの移動には自家用車が必要なので、すぐに用意したのを覚えています。

 

Qどんな仕事をやってこられたのですか?

関根:仕事は、観光協会の立ち上げに関する業務にはじまり、2年目からはその運営を担当しています。いまは、南大隅町の観光に必要なモノ、足りないモノを見極めて、それをひとつひとつ整えていく仕事です。まだまだ会員組織も十分に整っていないなかではありますが、そんな中でも、特産品開発や体験メニューの整備などを進めています。最近ではシーカヤックのインストラクターガイド資格を自分自身が取得して、観光客むけの海洋体験ツアーなども企画しようとしているところです。

s-シーカヤック2

(↑シーカヤックの様子)

Q協力隊業務で楽しいこと・辛いことはどんなことですか?

協力隊業務で一番楽しいのは、なによりも地域の人と一緒になってひとつのことに取り組めることですね。南大隅町では1年に1回、町民みんなで盛り上がるドラゴンボートフェスティバルというお祭りがあります。これは、たくさんのチームがドラゴンボートという小舟にのって速さを競い合うものなんですが、町外出身の僕も温かく迎えてくださって。いまでは「協力隊の任期がおわっても、メンバーで残ってほしい」と言ってもらえるまでになりました。

逆につらいのは、街の人と意見が食い違うときですね。行政のやり方に慣れるまでは苦労しましたし、外の目線から感じる違和感をつたえるのも大変です。柔軟に考える部分と、自分の軸を持ち続けること、どちらも大切にしたいなあと今では思うようになりました。

s-dra2

(↑ドラゴンボードフェスティバルの様子)

Q協力隊の任期はいつまでですか?終了後はどんなことをされるのですか?

関根:僕の任期は2017年の3月末なので、あと僅かですね。終了後も南大隅町には残りたいと思っていて、観光協会のサポートを仕事として続ける道を摸索しています。まずはもう少し、南大隅町でやりたいことをやっていきたいですね。その先は…未定です。笑

先輩協力隊員のお二人にお話をきいてみました②【今村さんの場合】

続いて、大阪出身の今村翔子さんです。今村さんは、アパレル販売店での社会人経験を経て、南大隅町の地域おこし協力隊に着任されました。

今村

(↑先輩協力隊員 今村  翔子さん)

Q.地域おこし協力隊になろうと思ったきっかけを教えてください

今村:ネットで偶然みかけた雄川の滝の写真を見てすごーい!と思って。だけど、すごーい!と思った自分に一番興味を持って。今までホント自然とか全く興味なくて、むしろ都会の方が好きで。もちろん今でも都会は大好きですよ!でも行ってみたいなーって思ったんですよね、なんか。そしたら応募締切り1日前で。速達で送りましたよね。笑

 

Q.南大隅町に初めて来たときの印象を教えてください

今村:始めて来たときホント夜暗すぎて、自分家にたどり着けず迷子になりました!しかもお湯でないし、部屋なんもないし、寒いしで(笑)!あとゴミの分別が多すぎる!しかも生ゴミとか袋とけちゃうし、聞いてないよ~って(笑)でも食文化はホントに素晴らしいと思います!なんでも美味しい!というか旨い!新鮮な素材が旨いってこういうことを言うんだ~って改めて実感しました!結果10キロ太るってゆう…ある意味幸せ太り。笑

 

Q.今村さんはどんなお仕事をしているのですか

今村:教育旅行の事務局と体験プログラム作りのほか、一昨年から地元青年団と一緒に閉校跡地を活用した総てハンドメイドで創り上げるきもだめしイベントを開催していて、それのトータルプロデュースを担当しています。しかもめっちゃグロいやつ!去年は1日100名限定イベントで2日間開催したんですけど、町内外、県外合わせて176名。またそれとは別にスポーツ合宿の大学生も2日間で120名ほど参加して頂いたので、計296名のお客様がご来場してくれました!もう、めっちゃうれしかったです!笑

s-肝試し

(↑きもだめしイベントの様子)

Q.協力隊として楽しかったこと・辛かったことを教えてください

今村:楽しいのは地域の方々との呑ん方(呑み会)ですね。とにかくよく呑む。お祭りの準備で呑んで、本番で呑んで、反省会で呑んでって感じで(笑)!しかも『生ない』って言って、お湯や水で割らないまま注いで呑ませてくれたり、焼酎シャワーとかマヂですごいですよ!特に佐多御崎祭りが(笑)!今まではお祭りって、観覧する側ばかりで関わるというチャンスがあまりなかったんですけど、南大隅町に来てからは地域の人やお祭りとの距離が近いので、自然と参加でき一緒に盛り上げることが出来るので、すごい楽しいです!

逆に辛かったのは、自分自身との戦いや葛藤がそれなりにあるということですね。今までやったことのないようなことを0から創り上げ、地域の方々と一緒にやるということは本当に難しいです。あとはどんなことがあっても耐えれるか、どうかですよね。これはホント重要だと思います。

南大隅町の観光推進は、まさにこれから。

観光協会の事務局長も務める企画観光課の竹野課長にもお話を伺いました。

 

「南大隅町の代名詞でもある本土最南端の観光地 佐多岬の整備が平成30年秋頃に完成する予定です。これもひとつの大きな観光の目玉になるはずです。また、本土最南端の町として、全国の4極(最北端の北海道稚内市 宗谷岬、最東端の北海道根室市納沙布岬、最西端の長崎県佐世保市神崎鼻に、当町の佐多岬)で連携した動きもこれからつくっていきます。」

s-鳥瞰

(↑南大隅町の代名詞でもある本土最南端の観光地「佐多岬」)

「協力隊として赴任してもらうからには、役場も全力でバックアップしたいです。観光地づくりは役場と、協力隊と、地域住民がひとつになって取り組むべきものですから。これからチャンスがどんどん広がる南大隅町の観光づくり。一緒に取り組んでくださる方を心からお待ちしております」

takeno

(↑南大隅町 企画観光課長 竹野さん)

地域おこし協力隊は、3年の任期で自らの仕事をつくり、その地に移住・定住するのが目標のひとつです。南大隅町では、協力隊員の仕事づくりも全力でバックアップするとのことです。

 

魅力的な先輩隊員の存在も心強いなあと思います。

また、企画観光課で役場と協力隊員の間をつなぐ役割を担うのは、愛甲さん。

 

「外の目線をもち、我々の気づかない新たな南大隅町の魅力を発掘していただける方に来ていただきたいですね。田舎ではありますが、コンビニもスーパーもありますし、日常生活に困ることはほとんどないと思いますので、全力で観光まちづくりに挑戦できる方に思いっきりチャレンジしていただきたいです。悩むこともたくさんあると思いますが、私たちも全力でサポートさせていただきます!」とのこと。

aikou

(↑南大隅町 企画観光課 愛甲さん)

竹野課長、愛甲さん、そして先輩協力隊のお二人。力強いサポートメンバーとともに、全力疾走できる環境が整っているように感じました。

 

大変そうだけれど、ここでの仕事は、おそらく町の観光の未来を大きく左右すると思います。大変だけれども、やりがいも大きいお仕事。経験や知識よりも、町の人と全力で向き合う気持ちが求められているようにも思います。

 

東京から10時間。鹿児島市からも2時間。

日本の最南端から、観光をイチからつくる仕事。

 

みなさんのエントリーをお待ちしています。

 

【ライター/永山 由高(一般社団法人 鹿児島天文館総合研究所 Ten-Lab 理事長 )】

〇2017年2月18日東京説明会のご案内(2017年2月08日追記)

南大隅町の地域おこし協力隊募集説明会を下記日時に開催いたします。

——————————————————-
【開催概要】
日時:平成29年2月18日(土)10:00~12:00
場所:Creator’s District 608
【150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第2ビル6階 608】
主催:鹿児島移住計画
共催:南大隅町
参加費:無料
——————————————————-

 

当日は、移住ドラフト会議でおなじみ、鹿児島天文館総合研究所Ten-Labの永山由高さんと、南九州市頴娃町 頴娃おこそ会の加藤潤さんが鹿児島暮らしのアレコレを熱くゆるーく語るトークイベントもございます。

ご関心ある方はお気軽にご参加くださいませ。詳細は下記ページをご覧ください。

https://www.facebook.com/events/445622058894841/

会社について

事業所名
南大隅町役場(地域おこし協力隊/受入先:南大隅町観光協会)
本社所在地(住所)
日本鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北226  地図を開く

仕事について

雇用形態
●雇用形態及び期間
 南大隅町の非常勤職員として南大隅町長が委嘱します。
 初年度の委嘱予定期間は委嘱の日から平成30年3月31日までです。
 次年度から年度ごとに委嘱することができるものとし、
 最長3年間(委嘱の日を起算日として)とします。

●地域おこし協力隊のミッション
 南大隅の魅力(地域資源)の整理
 旅行者、消費者のニーズの把握
 南大隅の魅力を活かした観光商品・交流機会づくり
 観光人材づくり
 自然保護、環境保全の取り組み

●地域おこし協力隊の具体的業務
 観光協会の運営 
 地域資源調査(現地調査・ヒアリング)
 モニターツアー等による商品検証、ニーズ調査
 旅行商品づくり
 イベント企画づくり
 民泊づくり、体験プログラムづくり
 観光人材育成に関するサポート
 PRイベントのサポート
 WEB、SNSを活用した情報発信
 マスコミ等への定期的な情報リリース
 情報発信ツールの作成 など
給与
月額18万(その他、賞与、時間外手当、退職手当等は支給しません。)
勤務エリア
南大隅町全域
勤務地(詳細)
南大隅町役場企画観光課(南大隅町根占川北226)
勤務時間
8:30-17:15(休憩1時間)
勤務時間 備考
勤務日数:原則5日/週
勤務時間:原則8:30~17:15(1日7時間45分、週38時間45分)
      ※夜間、土日等の勤務は、週勤務時間内で振替対応となります。
福利厚生
・勤務時間中は、活動に必要な自動車とパソコン、事務用備品等を貸与します。
・中山間地域等での生活や通勤手段として自家用車は必要不可欠です。自家用車当等の持ち込みを強くお勧めします。
・居住地として、町が用意する住宅に居住していただきます。その際、協力隊員としての活動期間中は無償で貸与する予定です。(光熱水費等は自己負担です。また、上記以外の住宅での場合は、住宅料等は個人負担となります。)
・健康保険、年金、雇用保険等の社会保険に加入します。
・年次休暇等は町の条例等を適用します。

応募について

募集期間
平成29年2月1日(水)〜平成29年2月28日(火)
応募資格・選考基準
下記の①~⑧全ての要件を満たす方。
①年齢20歳以上、50歳以下の方(平成29年4月1日現在)
②生活の拠点として次に掲げる都市地域に住民票があり、隊員決定後、生活拠点として住民票を南大隅町内に移すことができる方
■3大都市圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県)のうち、過疎地域自立促進特別措置法(平成12年法律第15号)、山村振興法(昭和40年法律第64号)、離島振興法(昭和28年法律第72号)及び半島振興法(昭和60年法律第63号)に指定された地域(以下「法指定地域」という。)以外の都市地域。 
■3大都市圏以外の政令指定都市(札幌市、仙台市、新潟市、静岡市、浜松市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市及び熊本市)のうち、法指定地域以外の都市地域3大都市圏及び都市地域等(条件不利地を含まない市町村)から、南大隅町へ住民票を異動させて生活できる方。
③心身ともに健康で誠実に職務を行うことができる方
④地域住民と積極的にコミュニケーションを図り、地域を元気にするために精力的に活動できる方
⑤協力隊終了後も南大隅町に定住する意思のある方
⑥普通自動車運転免許を取得し、日常的に利用されている方
⑦パソコン(ワード、エクセル、インターネット、Eメールなど)を日常的に利用されている方
⑧町の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方
※①~⑧に関わらず、地方公務員法第16条の欠格事項に該当する場合は応募することができません。
選考プロセス
●選考方法
 第1次選考(書類) 
  書類選考の上、結果を3月上旬頃に応募者全員に文書で通知します。

 第2次選考(面接等)
  第1次選考合格者を対象に第2次選考試験を南大隅町内で行います。日時及び会場等の詳細については、第1次選考結果の通知の際にお知らせします。なお、第2次選考に要する交通費及び宿泊費等については、応募者の負担となります。最終結果報告は文書で全員に通知します。
 ※住民票の異動は必ず委嘱日以降に行ってください。

【応募手続】
〇応募受付期間
 平成29年2月1日(水)から平成29年2月28日(火)必着 
 郵送で受け付けます。なお、提出した書類は返却しません。

〇提出書類
 ・履歴書および職務経歴書(市販のもので可。直筆及び写真添付) 
 ・作文(A4サイズで書式自由、パソコンでの作成可)
  ※作文題名「南大隅町の地域おこし協力隊として活かせる私の経験や能力」について、800 文字程度で作文を作成してください。
その他
〇申込・お問い合わせ
 〒893-2501 鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北226 
 南大隅町役場企画観光課 観光推進室 (担当:愛甲)
 TEL:0994-24-3115 HP:http://www.town.minamiosumi.lg.jp/

○応募受付期間
 平成29年2月1日(水)から平成29年2月28日(火)必着 

〇参考URL
 【①/地域の観光に関する詳細情報】
 http://www.satamisaki.com/

 【②/地域に関する詳細情報】
 https://www.town.minamiosumi.lg.jp/
  • この求人へのご応募はこちら
  • この会社へ問い合わせる

基本情報

すべての項目が必須です。

メールアドレス

連絡の取れるメールアドレスをご入力ください。必須

アピール内容

自己紹介、志望動機、ご質問など必須志望動機を簡単にお書きください

規約に同意

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。この項目にチェックされたと同時に、プライバシーポリシーに同意されたものとみなされます。ご同意の上、送信してください。

基本情報

すべての項目が必須です。

メールアドレス

連絡の取れるメールアドレスをご入力ください。必須

ご要望、ご質問など

「こんな情報が欲しい」などご要望を簡単にお書きください

規約に同意

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。この項目にチェックされたと同時に、プライバシーポリシーに同意されたものとみなされます。ご同意の上、送信してください。