introduction

株式会社 STUDIO K(スタジオ ケイ)は、鹿児島の食関連企業(製造・飲食・販売・コンテンツ等)を、マーケティングとコミュニケーションの側面でサポートする企業です。販売促進に向けて、市場調査、企画立案、企画の具体化、パッケージデザイン、展示会出展サポートなどお客様の手に届くまでの一貫した支援を実施しています。

今回は、アシスタントディレクターとして食品会社向け支援事業の事務、イベント等の運営補助を担うスタッフを募集します。

気になる 「気になる」からは、この会社へのお問合せができます。

株式会社 STUDIO K

鹿児島市

http://www.studiok-co.jp

この会社の雰囲気

創業ストーリー

食のプロが伝える力を手に入れたらうまくいく確信があった

代表取締役の中島 秋津子さんは、ベネッセコーポレーションで教材編集、月刊誌のリサーチ、マーケティング、セールスプロモーション、雑誌広告営業、通信販売事業に携わった経験を持つ、鹿児島では希有な経歴の持ち主です。

 

stdk06「山口県出身で、大学も広島。鹿児島には結婚を機に東京から転居しました。元々は夫と夫の両親しか知り合いがいなかったんですが、鹿児島に来てからとても幸運に恵まれていて。出会った人がいつも助けてくれました。『あなたの経験は鹿児島の役に立つから』と講演や執筆のお仕事などにつないでくださる方がいたり、その仕事を見てくれた方が次の仕事にと声をかけてくださったりと、その連鎖が今の仕事に繋がっていて、とても感謝しています。」

 

現在は、マーケティングとコミュニケーションのプロフェッショナルとして、主に鹿児島の食の魅力を伝える仕事をしていらっしゃいますが、事業の領域は、何をやったら貢献できるか、どこのテコを動かしたらいいか、色んなデータを探したり、資料を読んだり、現場を見たり、定期的な市場分析などをした上でロジカルに組んでいるそうです。

stdk19「鹿児島は食が豊かな土地で、色々と良い物が沢山あります。でも、『なかなか売れない』という相談も多い。すごく美味しい商品をつくっても、その価値を伝えていない、伝わっていないことが多かった。伝えない限り人は動いてくれません。売れないのです。売る場所がなかったら価値が0のまま、売れなかったら最終的にはゴミになってしまう。誰も喜んではくれません。それはすごく寂しいことです。

存在と価値を伝えないといけない。そのためにはデザインが重要な要素なんですが、国勢調査を紐解くと、鹿児島のデザイナー比率は全国的に圧倒的に低いことがわかりました。全体的に見ると鹿児島はデザインに縁遠い地域だったということです。

食のプロと伝えるプロが一緒に取り組めば、うまくいくという信念がありました。やるからには、絶対に結果を出したい。反応がもらえるレベルのアウトプットを生み出したい。だからリサーチを徹底的にやります。確実に売り場とお客様を増やすことしかしない。売上が上がる、買い手も売り手も作り手もみんな喜ぶ。そこに貢献したいです。」

 

stdk08現在、スタッフは中島さんを含め、「マーケティングプランナー」「ディレクター」「デザイナー」「栄養士」の4人。今回の採用では、「ディレクター」の補佐を担ってくれる方を募集しています。

会社全体の納品物は、事業の運営だったり、調査だったり、イベントだったり、パッケージだったりと様々ですが、入社時点での専門知識は不要です。いずれの事業でも、関わる方からのお困りごとを的確にヒアリングしたり、かゆいところに手が届くサポートすることが求められますので、「感じの良いコミュニケーションが出来ること」が最も必要な素養になると思います。コミュニケーションができなければ得られる情報量が限られてしまいます。

誠実で、愛嬌があり、食の業界に関するキャリアアップをしたい方からのご応募、お待ちしております!

 

【参考URL】

▼STUDIO K オフィシャルホームページ
http://studiok-co.jp/

 

▼代表取締役 中島秋津子さんの登壇動画

我が社の自慢

成長と食を堪能できる機会が盛り沢山

STUDIO Kの特徴的な取組を聞いてみました!

①個々の成長を強く意識!
同じ業務でも、翌年は深い視点、高いレベルで仕事が出来るように、個々の成長を強く意識しているそうです。ミーティングで、お互いが勉強した本をシェアしたり、研修に積極的に参加できる機会があったり。

②月曜食堂!
毎週月曜日は、社員が交代でシェフとなり、社内で手作りご飯会を開催しているそうです。
最近は繁忙期で開催出来ない時期もあるそうですが、あなたも作る側に回るかも!?

③おすそ分けや試食が沢山!
仕事柄、色々な企業や生産者の方が、様々な「美味しいもの」をおすそ分けをしてくださるそう。しかも箱単位で!(笑)1次産品などは収穫してすぐのものも少なくなく、とても旬なものを食べられるそうです。また製品化前の試食で商品開発に協力することもあります。

④窓の外が公園!
窓を開けると、共研公園が一望できる環境。ちょっとした息抜きをするにも最適で、気持ちの良い職場だそうです。

働く人インタビュー!

上國料 智子さん

この人の下で働きたいな

上國料 智子さん 勤続年数/2年

元々東京で働いていて、その後、震災を機に鹿児島にUターンしました。

知り合い経由で STUDIO Kの存在を知り、中島さんのブログを読み、事業のことも中島さんのことも、とても気になったので、人生ではじめて「ブログの連絡先に問い合わせる」という行動をしたのがはじまりです。

「こんなことをしている会社が鹿児島にもあるんだ」と、嬉しい気持ちになりました。


今はディレクターとして、プロジェクトを取りまとめたり、セミナーの運営をしたり、食品会社の販売促進に向けた企画運営などに携わっています。

正直、外資系や大手を経験してきたので、「それなりに出来る自負」を持っていたのですが、入社してからは、「出来ないこと」に直面し、落ち込むこともありました。

大手では「○○課」として限られた範囲の仕事を求められていましたが、中小企業だと「アレもコレも」求められます。特に弊社は「あー、コレはやらなくてもいいよ」が少ない会社です。

「やりたい」と言ったらやらせてもらえるし、「やっぱり出来ません」と言ったら一緒にやってもらえたり、バトンパスできる環境なので、挑戦したいという気持ちがあればとても楽しめると思います。
  • この会社へ問い合わせる

基本情報

すべての項目が必須です。

メールアドレス

連絡の取れるメールアドレスをご入力ください。必須

ご要望、ご質問など

「こんな情報が欲しい」などご要望を簡単にお書きください

規約に同意

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。この項目にチェックされたと同時に、プライバシーポリシーに同意されたものとみなされます。ご同意の上、送信してください。