introduction

鹿屋市は、鹿児島県東部に位置する大隅半島のほぼ中央に位置し、大隅地域の交通・産業・経済・文化の拠点となっています。特に肉用牛の繁殖経営については、全国トップクラスの歴史と高度なノウハウを有します。

近年は、畜産農家の高齢化や後継者不足が課題となっているため、地域おこし協力隊の制度を活用し、畜産経営を志す意欲ある人材を広く募集します。

気になる 「気になる」からは、この会社へのお問合せができます。

鹿屋市役所(地域おこし協力隊/畜産課)

鹿屋市

http://www.e-kanoya.net/

この会社の雰囲気

全国トップクラスの畜産都市

鹿屋市は、鹿児島県東部に位置する大隅半島のほぼ中央に位置し、1年を通じて温暖な気候や豊かな自然環境のもと、第1次産業を基幹産業として、全国でも有数の食料供給基地を形成しています。

昔からこの地域では農業に従事する人が多く、トラクターがない時代から、農耕でも肉用でも乳用でも活躍できる牛は、とても身近な存在だったそうです。

DSC_0848

その後、畜産に特化する農家も増え、近年では全国でも有数の畜産地帯となり、特に肉用牛の繁殖経営については、全国トップクラスの歴史と高度なノウハウを有するようになりました。改良し続けた結果生まれた優良な血統などはその最たる成果でしょう。

今や、鹿屋で生まれ育てられた子牛は毎年1万頭以上全国の肥育農家に出荷され、皆さんの食卓を豊かにしています。

鹿屋市は本気で担い手不足の解決に取り組んでいます

一方で近年、畜産農家の高齢化や後継者不足が課題となっています。どこの地域の畜産農家も同じ課題を抱えていますが、鹿屋市役所は本気でこの解決に取り組んでいます。

鹿屋市にとって、農業は多くの人の生活に必要不可欠な食を生み出すなくてはならない産業でもあり、また地域に根ざし、農業資材や飼料、運送など関係業態も多く、その発展が地域経済全体の発展に直結している産業でもあります。そして、食の安全・安心への高まりなど新たな消費者ニーズが生まれる中、今後、地域の努力次第で大きく発展する成長産業となりうる産業でもあると考えています。

こういった想いから、今回、「本気で畜産農家になりたい」志と意欲のある方を広く市外から誘致し、ベテラン畜産農家の下で「飼育技術も経営ノウハウも」修業できる機会を創るに至りました。

難儀した分だけ見返りがあるんじゃないかな

修業先は、大久保畜産を予定しています。大久保畜産 代表の大久保さんは、20歳からこの道に就いたベテランの牛飼い経営者でもあり、鹿屋市和牛振興協会の会長でもあります。

sDSC_0869

「20歳の時に、父親の牛舎を手伝うようになった。最初は、親に引かれたレールにうまく載せられた感じだったし、仕事に身も入らなかった。23歳の頃に、ポンと経営権を渡されて。返さなきゃいけないお金も大きく、どうしようかと思った。独身のときは、一人で深夜ドライブに出て関門海峡まで行ったことが2-3回あるよ。『ここを渡れば、戻らなくて済むよね』と思ったり(笑)。なんとか戻ってきて、翌朝何事もなかったような顔で仕事をしたこともあった。

そういう時代があって、どっかでスイッチが入った。自分は元手がないから、借金して。自転車操業じゃないけど、自分でやりくりをして、利益が出始めてからスイッチが入ったのかな。あとちょっとで1億いくくらいの額だったから『借金の横綱』とかバッシングを受けたこともあったが、少しずつ自己資本割合が改善されていったり、節税の勉強をしたり、手ごたえを感じていった。牛を立派につくることも大事だが、経営も大事。

今、従業員は3名いるが、うち2名は『出来たら自分で経営をしていきたい』と考えるようになってきた。これまでの従業員でも独立していった人が何人もいる。彼らが成功してくれたら嬉しいし、たまに遊びに来て『あの時キツイ思いをしたから今頑張れる』と言ってもらえたことが嬉しかった。この仕事は心配がつきもの。動物は動くし、物を言わない。その中で、いつもと違う行動をどうくみ取るか。商売として成り立たせるには、そこらへんが難しい。難儀した分だけ見返りがあるんじゃないかな。」

技術も経営も人脈も

鹿屋市役所 畜産課 の永山さんはこう語る。

sDSC_0870

「どこの地域でも、畜産は高齢化で規模が減ってきています。今は販売単価は良いけれど、将来が不安定で後継者が育ちにくい現状です。何より、はじめようとしたら、相当の資金力とパワーが必要です。市や農協が連携して、そこの支援が出来たらと動いているところです。

大久保さんのところだったら、畜産の知識や技術・そして経営のノウハウを学ぶことも出来る上に、会合や研修についていって、人の繋がりを創ることも出来ます。『自分でやるんだ』というやる気のある方に来てほしいですね。」

具体的な業務内容は、下記の通り。

①畜産経営に関する知識や技術の習得、情報発信、人脈づくり(90%)

②3年後の自立に向けた業務(10%)

経験は問いません。本気で畜産農家になりたい方からのご応募、お待ちしております。

東京説明会について

<東京説明会>
・日時:7月3日(日)14:00-16:00
・会場:あすか会議室303A(東京駅八重洲口から徒歩2分)
東京都中央区八重洲2-2-1ダイヤ八重洲口ビル3階
・申込:下記フォームよりお申込みください
http://goo.gl/forms/WlyAQxQjyBjUkw1K2
・概要:各募集職種についてのプレゼンテーション
個別相談会 など

  • この会社へ問い合わせる

基本情報

すべての項目が必須です。

メールアドレス

連絡の取れるメールアドレスをご入力ください。必須

ご要望、ご質問など

「こんな情報が欲しい」などご要望を簡単にお書きください

規約に同意

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。この項目にチェックされたと同時に、プライバシーポリシーに同意されたものとみなされます。ご同意の上、送信してください。