introduction

鹿屋市はこれまで「ばらのまち」を標榜し、かのやばら園を中心に「ローズ゙クイーンかのや」や「鹿屋薔薇王子」への取組などソフト事業のほか、ばら園産のバラを使用した薔薇焼酎などの共同開発も進めてきました。今後、かのやばら園の栽培技術や品質を全国レベルにし、さらに集客力のあるコンテンツにするために、一緒にばらガーデナーとして活躍してくれる方を募集します。

気になる 「気になる」からは、この会社へのお問合せができます。

鹿屋市役所(地域おこし協力隊/都市政策課)

鹿屋市

http://www.e-kanoya.net/

この会社の雰囲気

ざっくり言うとこんな仕事です!

・ばら園の園内管理(栽培技術習得):70%
・ばら生産者の支援・販売促進:20%
・3年後の独立に向けた準備業務:10%

ばらで人を呼ぶ

「かのやばら園」は鹿屋市の運営する施設で、8haの敷地に約35,000株のばらが植えられている日本最大級のばら園です。年間10万人もの人が訪れています。そもそものきっかけは、約30年前。鹿屋には目立った観光地がなく、「何か人が呼べるコンテンツを作ろう」と色々とアイデアを出していた中で、「花のイベントが集客効果が高く、栽培が難しく真似がしにくいバラが差別化になる」と目論んだのが、はじまりです。

kankou04_01

広い園内では、鹿屋オリジナルのばら「プリンセスかのや」、王族や貴族の名前がついたばらを集めた「ロイヤルガーデン」、さまざまな香りのばらがある「香りのガーデン」、温室での「切花体験」など様々なばらを楽しむことができます。

このシゴトで一番大変なこと

実はばらに向かない場所。だからこその工夫。

園内でばらの栽培に関する統括をしている主任技師 萩原さんにお話を聞いてみました。

「今は園内に1500種ほどのばらが咲いています。鹿屋の気候は高温多雨で、実はばらにあまり向かない場所なんです。開園当初は4000種ほどあったのですが、少しずつ、鹿屋の気候に合ったばらに植え替えてきました。

DSC_0474

鹿屋の気候に合わせた育て方も工夫しています。他ではあまりやっていない『マルチング』という敷きワラの手法なんですが、うちではカヤとススキをひいています。これは一石六鳥の効果があるんです。手間はかかるのですが、土の跳ね上がりを防いだり、湿度・地温の調整をしてくれたり、雑草の抑止や、クッションの役割もします。」

ばらの栽培に向かない土地だからこその、工夫と試行錯誤がここには存在します。今後、かのやばら園の栽培技術や品質を全国レベルにし、さらに集客力のあるコンテンツにするために、一緒にばらガーデナーとして活躍してくれる方を募集します。

具体的なミッション

「ばらのまち」としてまちづくりを進めている鹿屋市にとって、ばら園のばら開花、生育は大きくイメージを左右します。指導員のもと、ばらの栽培技術を習得して頂き、ばら園の管理から生産農家の生産支援・販売促進などを担っていただきたいと考えています。今後は、ばら以外の花を植えて365日、いつ来ても花があるようにすることを目指しているそうです。技術を習得しながら、一緒に花を通した感動作りに携わるお仕事をしてみませんか?

DSC_0507

業務終了後のイメージ

任務中の経験・技術を活かして、ばらガーデナーやばら苗生産者、ばら苗生産者の支援企業などの道で独立することを想定しています。ばらのプロになりたい方の応募を期待しています。

こんな人を求めています!

・植物が好きな方
・花卉栽培に関する経験・ノウハウのある方
・花卉等の流通に関する経験・ノウハウある方
・20代~40代性別不問

東京説明会について

<東京説明会>
・日時:7月3日(日)14:00-16:00
・会場:あすか会議室303A(東京駅八重洲口から徒歩2分)
東京都中央区八重洲2-2-1ダイヤ八重洲口ビル3階
・申込:下記フォームよりお申込みください
http://goo.gl/forms/WlyAQxQjyBjUkw1K2
・概要:各募集職種についてのプレゼンテーション
個別相談会 など

  • この会社へ問い合わせる

基本情報

すべての項目が必須です。

メールアドレス

連絡の取れるメールアドレスをご入力ください。必須

ご要望、ご質問など

「こんな情報が欲しい」などご要望を簡単にお書きください

規約に同意

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。この項目にチェックされたと同時に、プライバシーポリシーに同意されたものとみなされます。ご同意の上、送信してください。