introduction

鹿児島市街から車で南に1時間弱。伝統的な建造物が並ぶ観光地「知覧武家屋敷庭園群」を中心とした地域全体が活動拠点です。同じ知覧にある「知覧特攻平和会館」と合わせて、最盛時には年間100万人が訪れていた鹿児島県を代表する観光地です。

しかし庭園風景を「見る」観光に特化したスポットであり、近年の旅行者が求める「体験する」観光へのニーズには対応しきれていないことが課題になっています。今回は「知覧武家屋敷」の空き屋を再生して立ち上がるコミュニティスペースを拠点に創業を目指す隊員を募集します。

この会社にエントリー 気になる 「気になる」からは、この会社へのお問合せができます。

南九州市役所(地域おこし協力隊)

南九州市知覧町

この会社の雰囲気

鹿児島有数の観光名所、知覧武家屋敷

鹿児島市街から車で南に1時間弱。南九州市知覧町は、江戸時代の面影を残す「知覧武家屋敷庭園群」と、特攻基地跡地にある「知覧特攻平和会館」を有する、鹿児島県有数の観光地です。

今回のメインフィールドは、この「知覧武家屋敷庭園群」です。約700メートルの通り沿いには、風情に満ちた武家屋敷と、美しい石垣と植栽が連なっており、ここを歩くとまるで江戸時代にタイムスリップした気持ちになります。

s-20180504_mks (3)

(↑知覧武家屋敷庭園群)

見た目の美しさもさることながら、歴史的にも貴重であり、国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。

交通至便な場所ではありませんが、全国各地から多くの旅行者が訪れており、最も多い時には「知覧武家屋敷庭園群」と「知覧特攻平和会館」と合わせて年間100万人にも及んでいたそうです。(取材当日も平日にもかかわらず、多くの観光客で賑わっていました)

課題は継承

しかし、知覧武家屋敷庭園群は、庭園風景を「見る」観光に特化したスポットで、近年の旅行者が求める「体験する」観光へのニーズには対応しきれていないことが課題となっています。

旅行ニーズの変化により来訪者数は減少傾向にありますが、なかなか手を打てていないのが現状です。

知覧武家屋敷庭園群に関する調査研究や情報発信に取り組む「知覧武家屋敷庭園有限責任事業組合」の代表 森さんにお話を聞いてみました。

s-20180425_mks_low (357)

(↑知覧武家屋敷庭園有限責任事業組合 代表 森 重忠さん)

「ここ(知覧武家屋敷)に住む人や、7つの庭園だけのことを考えるとそれほど困っていることはありません。でもこのままではここに住む人がいなくなるという不安があるのも事実です。

観光地として維持するだけだったら、ここの事務所があればいいんですが、何年か後には誰も住まない家ばかりになる可能性があります。

私たちは、ただ武家屋敷に住んでいるわけではなく、節季ごとの祭りを継承したり、それぞれの氏神様のお祭りをしたり、門松は3回変えたりと、色々と受け継いでいるものがあります。

全部を継承しなくてもいいので、まずは少しでも関心がある人がここに住んでくれたらと思います。

色々としていることや、したいと思っていることがあるので、私たちと一緒に、体験する観光を創出したり、民泊新法を活用したり、人を呼び込むために新しいものを見つけてくれる人が来てくれたら、とても嬉しいですね。

もちろん、違うテーマでも大歓迎です。飲食店でも、料亭でも、旅館でも。

今、空家を借り上げて音楽家やアーティストや陶芸家に住んでもらおうという動きをしているんだけど、そういう人を引き連れて来ていただいてもいいですね。あまりにも派手な景観にされたら困りますけど(笑)」

流れが来つつある

最近では通り沿いの物件を活用してカフェやレストランが立ち上がる事例も徐々に出はじめているそうです。

s-20180425_mks_low (100)

(↑武家屋敷内にある家屋を改修して創業したカフェ)

南九州市役所は、こうした「これまでとは異なる交流やビジネスを生み出すこと」をさらに促進させようと、空き家数軒を改修し、期間限定のお試し居住や事務所、交流拠点などのコミュニティスペースとして活用する事業に取り組んでいます。

今回の協力隊の担当者である南九州市役所 商工観光課 武田さんにも話を伺いました。

s-20180425_mks_low (362)

(↑南九州市役所 商工観光課 武田 雅之さん)

「隊員の方には、知覧武家屋敷に誕生するコミュニティスペースを拠点として創業を目指していただきたいと考えています。

創業テーマは、知覧武家屋敷の観光資源を活用し、知覧の観光に新たな風をもたらすものであれば何でもOKです。歴史ある観光地である知覧にこれまでとは違った人の流れや期待感をもたらし、この地に観光関連の創業を生み出すことが目標です。

着任当初は、市役所、武家屋敷内の事務所での業務を経て、段階的に自分が希望する勤務地で働く体制を提供するなど、行政や地域との関係構築や現場経験を積みながら創業を支援する独自プログラムを用意しています。

鹿児島県の中でも有数の観光地である知覧武家屋敷を利用しながら、自分のやりたいことを実現できる。さらにそれが地域活性につながるということが、この協力隊のやりがいであり魅力です。

出来る限りのサポートを行っていきたいと思います。」

頼れる先輩隊員との連携も可能

南九州市には、すでに観光を通じた創業を目指し、活動中の協力隊員が3名いらっしゃいます。

201707311127051

(↑先輩協力隊員3名)

うち2名の隊員は、市南部の海岸に位置する頴娃(えい)地区で活動するNPO法人頴娃おこそ会に所属しています。

頴娃おこそ会は、平成29年度総務省ふるさとづくり大賞で総務大臣賞を受賞するなど実績もある団体で、民宿の立ち上げ、研修受け入れやSUP、農業体験の観光のプログラム化など移住者の手によるいくつかのビジネス立ち上げ事例も生まれています。

こうした先輩隊員や、同じ市で活動する頴娃おこそ会などの団体との交流も通じ、様々な人と繋がることも可能だそうです。

副業もOK

創業というテーマなので、副業はもちろんOK。(一定の条件はあります)

自由度と柔軟性が高く、隊員の意向が尊重される。そして、挑戦に伴走してくれるサポートがある。相談できる相手もたくさんいる。さらには、観光資源も豊富で、観光客もかなりの数が既に訪れている。

この環境を「チャンスだ」と感じた方からのご応募をお待ちしております。

【参考URL①/募集に関する詳細情報】
http://www.city.minamikyushu.lg.jp/furusato/teju/iju/senpai/kyoryokutai/bosyu.html

【参考URL②/先輩隊員の活動報告】
https://www.city.minamikyushu.lg.jp/furusato/teju/iju/senpai/kyoryokutai/katudo.html

【参考URL③/地域に関する詳細情報】
https://www.city.minamikyushu.lg.jp/

会社について

事業所名
南九州市役所(地域おこし協力隊)
本社所在地(住所)
日本、鹿児島県南九州市知覧町郡6204  地図を開く

仕事について

雇用形態
・南九州市の嘱託職員として市が委嘱します。
・委嘱期間は、委嘱の日から1年間とします。
(但し、活動状況を勘案して最長3年間を限度に再任することができます。)
給与
報酬 月額180,000円
勤務エリア
南九州市知覧町
勤務地(詳細)
※勤務地:南九州市役所(商工観光課)など

※着任後のプログラムは下記の通りです。

〇1年目(着任後3ヵ月程度)
市役所(商工観光課)で勤務し、行政職員との関係構築を図るとともに、ここで行政側の視点に立った武家屋敷観光の展開をイメージして頂きます。

〇1年目(4ヵ月目以降)
勤務地は市役所外に移すことを目指します。知覧武家屋敷庭園事務所(知覧武家屋敷庭園有限責任事業組合)に勤務することも出来ますし、市が整備するコミュニティスペースを事務所として勤務することも可能です。地域事業者の立場で知覧武家屋敷で展開する観光事業に携わる経験を積んで頂きます。

〇2年目
行政や地域との連携を深めつつ、新たな観光サービスを生み出すための実験や検証に取り組みつつ、創業を意識した活動を展開して頂きます。

〇3年目
創業を目指した活動に取り組んでいただきます。
勤務時間
08:30-17:15(休憩1時間)
勤務時間 備考
(1)月18日間
(2)原則として08:30-17:15(7時間45分)
(3)時間外の勤務は振替対応とします。
福利厚生
社会保険(雇用保険、健康保険、厚生年金)・労働保険(労災)
(1)活動期間中の住居については市が用意するか、予算の範囲内で家賃の一部を市が負担します。
(2)光熱水費等については、隊員負担とします。
(3)勤務する場所によっては、活動する費用の一部(通信費、燃料費等)を市が負担します。
(4)有給休暇有

応募について

募集期間
平成30年5月14日〜平成30年7月13日
応募資格・選考基準
(1)年齢20歳以上
(2)現在、三大都市圏をはじめとする都市地域に在住し、採用後、南九州市に生活の拠点を移し、住民票を異動できる方
(3)普通自動車運転免許を取得しており、自動車もしくはバイクを有している方(購入予定可)
(4)Word、Excel、インターネット(SNSによる情報発信)など、パソコンの基本的な操作ができる方
(5)地域になじみ、地域住民とともに地域活動に取組める方
選考プロセス
(0)エントリー
まずは下記フォームからエントリー後、書類郵送にてご応募ください

(1)第1次選考(書類選考)
履歴書及び職務経歴書、加えて「なぜ本事業に応募したのか」「着任した地でどのようなことに取組みたいのか」などを論文形式で提出してください。(400字詰め原稿用紙1枚程度)

(2)第2次選考(面接)
第1次選考合格者を対象に面接を行います。詳細については、対象者に別途連絡いたします。選考の際の交通費等は応募者の負担とします。

(3)最終結果
最終結果は、電話もしくは文書で対象者に通知いたします。
その他
【申込受付期間】
平成30年5月14日~平成30年7月13日

【お問い合わせ先】
南九州市ふるさと振興室 担当:上野
〒897-0392 鹿児島県南九州市知覧町郡6204
電話 0993-83-2511(内線2091) FAX:0993-83-4469

【備考】
隊員の方がこの地で取り組んだ活動が実を結び、任期満了後も関わる自身のビジネスが誕生しここで暮らし続けることに繋がれば喜ばしいことですが、必ずしもこの地への定住を求めるものではありません。

私たちは皆さまに新しい活動の場を提供し、皆さまはこの地に新しい何かをもたらして頂くことで、これまでになかった何かがここに生まれ,結果的に「住んで欲しい」「住みたい」と思い合える関係が出来ることを目指したいと思います。
  • この求人へのご応募はこちら
  • この会社へ問い合わせる

基本情報

すべての項目が必須です。

メールアドレス

連絡の取れるメールアドレスをご入力ください。必須

アピール内容

自己紹介、志望動機、ご質問などを簡単にお書きください

規約に同意

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。この項目にチェックされたと同時に、プライバシーポリシーに同意されたものとみなされます。ご同意の上、送信してください。

基本情報

すべての項目が必須です。

メールアドレス

連絡の取れるメールアドレスをご入力ください。必須

ご要望、ご質問など

「こんな情報が欲しい」などご要望を簡単にお書きください

規約に同意

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。この項目にチェックされたと同時に、プライバシーポリシーに同意されたものとみなされます。ご同意の上、送信してください。