introduction

終戦直後から島の音楽を守り続けているセントラル楽器。
3代目社長の指宿俊彦さんは、島で音楽を生業にするものとして、楽器やCDの販売だけに限らず島の唄を守り続けていく事が大切だと考えています。
奄美のまちを歩けば自然と耳に飛び込んでくる奄美民謡の唄声、そんな島の音風景を守っているセントラル楽器は、楽器・CDなどの店頭販売だけでなくイベントやCDの企画・制作などの事業も行っています。


気になる 「気になる」からは、この会社へのお問合せができます。

株式会社セントラル楽器

奄美大島

http://www.simauta.net/

この会社の雰囲気

創業ストーリー

奄美の音風景はここで作られています。

セントル楽器は終戦から間もない1949年、奄美の中心街奄美本通に創業しました。

創業者の指宿良彦さん(現代表、俊彦さんのおじいさま)がギター好きだったことから、楽器が島に入ってくると「とりあえず音が出るものは指宿のところへ持っていけ」という事で、気がつけば島の楽器屋さんになっていたそうです。

島の代表的な楽器と言うと三味線などが中心のように思えますが、その頃扱っていた商品は意外にも主にギターやハーモニカといった洋楽器。

IMG_9235

三味線や太鼓など地域の楽器を扱うようになったのはここ15年ほどだということです。

IMG_9226

良彦さんのお母様が大好きだった民謡「亀津朝花(かめつあさばな)」を、お母様の為にレコーディングしたのをきっかけに、昭和37年頃から店舗内でレコーディング業も始めました。

これまで録音した民謡はおよそ2000曲にも登り、店内では数多くの奄美民謡のCDが販売されています。

IMG_9237

昔から伝わる島唄は、島の方言で歌われるため歌詞が分かりにくいのですが、わかりやすい現代の言葉で作られた「新民謡」や、島の音階を取り入れた演歌調の「奄美歌謡」といった、奄美の特色を出しながら、若い人や島外の人にもわかりやすい音楽の開拓に力を入れています。

奄美のまちを歩けば自然と耳に飛び込んでくる奄美民謡の唄声。

そんな島の音風景を守っているのがセントラル楽器なのです。

このシゴトで一番大変なこと

民謡や方言が分かるまでは大変です。

大変だと感じたことは無いんです、と語る指宿さんですが言うならば、島の中心街で育った指宿さんにとって、集落ごとに変わる方言や民謡が分かるようになるまでは苦労したそうです。

同じ奄美島内でも北と南では使われる方言や歌われる民謡は違います。

来店されたお客さんが口ずさむ民謡の一節を頼りに、求められているCDをし当てる…そんな奄美の楽器屋さんならではの苦労があるようです。

IMG_9236

私たちの10年後

奄美のレーベルでアーティストを!

島で音楽を生業にするものとして、島の唄を守り続けていく事が大切と指宿さんは考えています。

若い世代にもっと奄美の音楽を知ってもらうために新民謡や奄美歌謡などを伝えていきたい。

イベントやCD制作など、とにかく島の唄に特化した活動に力を入れているのにはそういう思いがあるからです。

また、最近は奄美から有名なアーティストが何人も出て、島唄をはじめとする奄美の音楽の認知度も大分上がってきました。

しかし今は、どんなに島でいい音楽を作っても、最終的に大手のレコード会社からしかメジャーデビューできません。

「島で育てたアーティストを島のレーベルから全国に売りだして行きたいと思っています」

IMG_9233

指宿さんは自分の店の未来だけでなく、同じように島の音楽の未来も想い描いています。

我が社の自慢

島の文化を守り発信

終戦直後から島の音楽を守り続けているセントラル楽器。

今でこそ様々な場所で行われている島唄のイベントですが、最初の走りとなったのはセントラル楽器でした。

「島唄のレコードを作って売っているので、まずは認知してほしかったし、島唄や、今では島民もなかなか話すことが出来なくなった島口(方言)も普及し、島の音楽と言語文化をしっかり保存して行きたかったというのもありますね。」

楽器やCDの販売だけでなく、「文化を守り発信していく」、そんな楽器屋さんは、鹿児島はおろか日本を探しても他にないかもしれません。

何をやっている会社

楽器販売だけでなく、地域の音楽文化を支える仕事です

* 楽器の販売

* 楽器のメンテナンス

_DSC0226

* 島唄・民謡の企画制作、録音

* イベントの企画・実施(奄美紅白歌合戦、奄美歌謡選手権など)

\ここ最近のGOODニュース/

仲間が増えた!

IMG_9238

豊田さん

2人元気のある男性スタッフ入社してくれて嬉しいです!

求める人材

求められる人物像

とにかく元気で明るく!まずはそこから!

募集職種

  • 職種

    ・店舗業務

  • 業務内容

    ・楽器・CDなどの店頭販売、接客、応対
    ・イベント・販売企画・運営
    ・CD・楽器など学校への配達
    ・ピアノ配送(男性):重いもので1台250Kg程度あり、4名で運びます)
    ・外勤は社用車使用

  • 求められる人物像

    とにかく明るさが大切です。

    イベントやCDの企画・制作などの事業も行っているので、若い人から年配の方まで幅広い方とのコミュニケーションが必要な職場です。

    集落の民謡の事など年配の方から聞かれると最初は分からなくて戸惑うかもしれませんが、時期に覚えるので心配はいりません。それよりまずは明るくガッツが人材を求めます。

    楽器の修理メンテナンスなどの技術、音響設備の技術を持っている方や、そういった技術に興味が有る方は優遇します。

    技術がなくてもやる気さえあれば勉強会への参加など学べる環境はご準備します。

  • この会社へ問い合わせる

基本情報

すべての項目が必須です。

メールアドレス

連絡の取れるメールアドレスをご入力ください。必須

ご要望、ご質問など

「こんな情報が欲しい」などご要望を簡単にお書きください

規約に同意

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。この項目にチェックされたと同時に、プライバシーポリシーに同意されたものとみなされます。ご同意の上、送信してください。